成尾整形外科病院

脊椎外科(腰・首・肩・手足)・関節外科(肘・膝・股関節)を中心とした整形外科専門病院

ごあいさつ

当院は、脊椎外科、関節外科を主体とした整形外科専門病院です。

成尾整形外科病院は昭和52年(1977)1月の開院以来脊椎外科を主体とした整形外科専門病院として地域に根ざした医療を行って参りました。

現在当院では、脊椎外科、関節外科(膝や股関節の変形、痛みなど)の治療を主に行っており、年間の手術件数は900件を超えています。
そのうち脊椎の病気(腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症など)の手術は約600件と全手術症例数の6割以上を占めており、最近ではからだへの負担が少ない内視鏡や顕微鏡を用いた手術を積極的に行っております。
また、股関節、膝関節の病気に対する手術は全体の約2割です。
その他、脳性麻痺や脳卒中などで運動機能障害を持つ患者様に対して整形外科的選択的痙性コントロール手術を行っています。腰痛や関節痛などの患者様は高齢化に伴い増加しております。

当院の「患者様の立場に立った医療を提供します」という理念に基づき、これからも成尾整形外科病院が患者様に安心して受診していただき、信頼される病院であり続けるため、スタッフ一同日々奮励努力して参ります。

理事長・院長・医学博士 成尾政一郎