成尾整形外科病院

脊椎外科(腰・首・肩・手足)・関節外科(肘・膝・股関節)を中心とした整形外科専門病院

部門紹介

リハビリテーション科

入院リハビリ

入院リハビリ

目的:手術前の患者様の状態を知り、問題点を抽出し、個人にあった治療プログラムを作成いたします。術後、退院時など経過を追うことで、変化がわかりやすく、治療効果を判定し、回復過程を明確にすることを目的としています。

(1)入院時(術前検査ならびに初回検査)

オリエンテーション
患者様の訴え(痛み・しびれ・できない動作等々)をお聞きします。
これまでの経緯、治療の経過や当院に望まれること等々
合併症や運動の妨げとなるリスク、介護保険サービスのご利用状況等々

痛み・しびれ 強さ、程度、部位
どの姿勢・動作時が強いのかどの姿勢・動作で緩和するか
神経学的テスト 反射テスト 感覚障害の有無
ストレステスト 関節動き 靭帯のゆるさ等々
筋力テスト 疾患によるものまたは廃用性筋力低下・麻痺があるか
関節可動域テスト 関節角度を計測
各関節が正常な動きが行えているかをみます
形態測定 四肢長 四肢周径
姿勢観察 立位バランス 左右差
歩容観察 動的バランス 正常歩行との比較 階段昇降の可不可
膀胱直腸障害の有無 頻尿 残尿感 尿勢低下 等々
日常生活動作 バーサルインデックス
JOAスコア 腰椎疾患治療成績判定基準(日整会)

※すべての疾患で上記全ての検査を行うわけではありません。 疾患に応じた検査内容を選択いたします。

(2)リハビリテーション総合実施計画書の作成

評価結果をもとに、患者様と相談しながら目標を設定し、問題点・今後の治療についてご説明いたします。
1ヶ月1回更新させていただきます。

(3)理学療法の実施

⒈ 術後療法
主治医の指示に従い、術後翌日から病棟での理学療法を開始いたします。
術後1~2日目には、トイレ洗面動作の獲得を目指し、早期離床をすすめます。
その後、1階フロアにありますリハビリテーション室での運動をはじめます。
疾病による後遺症・残存機能の回復を目指し、患者さまそれぞれの治療プログラムを実施していきます。
⒉ 屋外散歩の実施
退院は自宅に帰ることを目標にしています。
病院内の歩行が自立し、安全に歩行ができるよう機能改善できたら、屋内だけでなく病院外での歩行を行います。
⒊ 退院時生活指導
退院が間近になりますと、仕事復帰に向けて必要な動作の獲得や自宅を想定した畳動作(しゃがみ〜立ち上がり)の練習、生活環境に合わせた動作の習得を行います また、手術方法によって再発リスクはさまざまです。
患者様に合わせた注意点・生活指導を行います。
⒋ 退院後、外来リハビリテーションをご希望される方
退院後初回の主治医診察時に医師にお申し付けください
(リハビリテーション実施には主治医の指示書が必要となります)

(4)病院スタッフとの連携

  • 1週間に1回、カンファレンス(医師、看護師、理学療法士、MSW)を実施しております。
  • 1週間に1回、回診(医師、薬剤師、理学療法士、MSW)を実施しております。

(5)手術をせず、保存治療の場合

主治医の指示のもと、痛みに応じて理学療法を実施いたします。
安静が必要になる場合もございますが、寝たきりや安静による廃用性全身持久力の低下も懸念し、早期離床をすすめます
以降、(3)2.3.4. 同様の流れ